生きる糧といっては大げさだけど(秋の猿まわし&花こま公演)

2017年11月15日

「盆」と「正月」と言えば、年間行事の代表格です、それに加えてこちらでは、この公演が毎年の行事となっています。公演後、「また来年まで元気でいましょうね!」と語る施設長さんの挨拶に、皆さんうなずいてそれに答えます。毎年少しずつですが、成長していくお猿さんの芸と、獅子舞に頭を噛んで貰う事が「満足」と「納得」をもたらしています。この様に、皆さんの生活の中に溶け込んでいる事を本当に嬉しく思います。身近に伝統芸能が減っていっている中、私達の存在感を嫌が応でも感じさせて頂く時間です。
演目:八丈島太鼓 猿まわし鉄平君 南京玉すだれ 猿まわしいっぺい君 寿獅子





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
幸せをつくる集い(たつの市新宮町)
1回1回の公演を大切にする意味
情熱こそ魂
歴史的な存在に気付くとき(姫路市勝原区)
そうは、言われても(泣)(宍粟市)
メダルを獲るわけでは無いのですが(姫路市)
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 幸せをつくる集い(たつの市新宮町) (2018-05-31 19:11)
 1回1回の公演を大切にする意味 (2018-05-25 19:08)
 情熱こそ魂 (2018-05-24 14:24)
 歴史的な存在に気付くとき(姫路市勝原区) (2018-05-06 13:34)
 そうは、言われても(泣)(宍粟市) (2018-03-27 09:40)
 メダルを獲るわけでは無いのですが(姫路市) (2018-03-26 10:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。