生活を見直す勇気(花こま30周年・こまの会40周年記念フェスティバルを終えて)

2018年02月10日

沖縄からお越しの謝花さんのお話、福島からお越しの大橋さんのお話を伺い、大量生産、大量消費の日常生活を見直さなければ、地球規模の破滅を招くんだなと思いました。結局それらのつけは、これから暮らす孫子の代まで降りかかるんだと思うと、胸が痛みました。景気がいい、株価が上がっている、給料がいい、物に不自由をしない、便利、そういう価値観の中でいると、沖縄の基地建設は進み、原発は再稼働していくんだと思いました。できるだけ小さな単位で必要なものを必要なだけ生産し消費する、ちょっと考えれば当たり前の事なのに、その当たり前さへ考えなくなってしまっている自分を感じました。もう一度、生活を見直して、できる事に挑戦して、少しでも孫子の代への負担を減らす努力をしたいと思いました。




同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
先祖が葛藤の中で選んだ生き方と今の私達(花こま30周年・こまの会40周年記念フェスティバルを終えて)
人形は、もうお友達に!
元気な皆さんに会いに来たよ~!
もう!スイッチ入りっ放し!
千鳥は海を越えて朝鮮半島へ(花こま30周年・こまの会40周年記念フェスティバルを終えて)
思いを演奏に込めて(花こま30周年・こまの会40周年記念フェスティバルを終えて)
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 希望という名の未来への誘い「生命の詩」(花こま30周年・こまの会40周年記念フェスティバルを終えて) (2018-02-19 00:38)
 先祖が葛藤の中で選んだ生き方と今の私達(花こま30周年・こまの会40周年記念フェスティバルを終えて) (2018-02-18 15:21)
 人形は、もうお友達に! (2018-02-17 21:11)
 元気な皆さんに会いに来たよ~! (2018-02-16 10:44)
 もう!スイッチ入りっ放し! (2018-02-15 15:53)
 千鳥は海を越えて朝鮮半島へ(花こま30周年・こまの会40周年記念フェスティバルを終えて) (2018-02-14 18:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。