「恐怖」を感じる時(夏のさるまわし&花こま公演から)

2018年07月07日

現世の「恐怖」と言えば、お金が無いとか、命の危機を感じる時で、かつての「恐怖」は、死、幽霊、物の怪、怪奇現象だったんでしょう。人としてまっとうに生きなければ、いつか苦しみや恐怖を味わう事になるんだと、昔の人は強く感じていたんだと思います。鬼、獅子、なまはげ、パーントゥ等、社会で生きて行くための倫理観を、これら「芸能」で、きっと理屈抜きに学習したんでしょう。今日も、たくさんの子ども達が、古くから愛され、育まれてきた「猿まわし」を楽しみ、そして、獅子の恐怖に恐れおののき泣き叫び、会場を逃げまどい、最後は、先生に助けを求めたのでした。
演目:水口囃子、猿まわし、寿獅子





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
「お誕生日会」(夏の猿まわし&花こま公演から)
「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から)
幸せをつくる集い(たつの市新宮町)
1回1回の公演を大切にする意味
情熱こそ魂
歴史的な存在に気付くとき(姫路市勝原区)
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 「お誕生日会」(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-17 19:50)
 「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-08 14:11)
 幸せをつくる集い(たつの市新宮町) (2018-05-31 19:11)
 1回1回の公演を大切にする意味 (2018-05-25 19:08)
 情熱こそ魂 (2018-05-24 14:24)
 歴史的な存在に気付くとき(姫路市勝原区) (2018-05-06 13:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。